MENU

犬パラインフルエンザ

犬のワクチンのお話。

犬パラインフルエンザ犬伝染性気管支炎 (犬アデノウイルス2型)を引き起こすウイルスです。非常に感染が強いのも犬パラインフルエンザウイルスの特徴です。

ワクチンとは、弱体、殺菌した病原体(ウイルス、細菌)を接種することによって、それに対する抵抗力(免疫)を獲得させ、病気の発症を予防したり、重症化を防いだりするものを言います。

犬の混合ワクチンは、感染症から犬を守るための予防接種です。

目次

病気の特徴(症状)

症状として、

・乾いた空咳

・発熱、高熱

・鼻水

・くしゃみ

・眼の炎症

・元気消失、無気力、食欲不振

などです。

感染経路・感染状況

多くの犬が一定時間互いに接近している環境で発生します。ブリーダー、犬の幼稚園、シェルター、ペットホテル、ペットショップ、ドッグショーなど。

犬パラインフルエンザウイルスに感染した犬が使用するボウル、咳やくしゃみなどで感染します。

予防

犬パラインフルエンザワクチンの接種が有効。

犬パラインフルエンザの症状のある犬には近寄らない。

治療(感染した場合)

犬伝染性気管支炎 (犬アデノウイルス2型)などの混合感染により症状が激しく認められる場合には、咳の緩和のための鎮咳薬の吸入治療や投薬、二次感染予防対策として抗生物質投与などの対症療法が行われます。

混合ワクチン

犬パラインフルエンザワクチンはノンコアワクチンに分類され4〜8種の混合ワクチンに含まれる。

費用は¥5000〜¥10000。(種が増えると値段は高くなる。)

*動物病院によって、値段や含まれるワクチンが異なる場合があるのでかかりつけ獣医で確認ください。

ノンコアワクチン

ノンコアワクチンは暮らす地域環境や暮らし方など、犬の感染のリスクに応じて接種すべきワクチンとされている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる