MENU

犬の耳はトリミングが必要?

トリミング業界、飼い主様の間で度々出てくる犬の耳問題。

犬の耳についてお話していきたいと思います。

Let’s 耳の毛。

目次

犬の耳毛。

抜く?抜かない?問題。

耳の毛問題で一番の議題は、犬の耳の毛を抜くか、抜かないか。

それでは、考えていきましょう。

毛って、なぜ生えてくるのでしょうか?

ここから考える必要があると思います。

みなさまは、耳の毛についてどうお考えでしょうか?

抜く派

耳の毛を抜く派の意見は、

・耳の中が不衛生になる。

・耳が臭くなる。

・耳が悪くなる。(外耳炎等)

などが挙げられます。

果たして、耳の毛が原因なのでしょうか?

抜かない派

耳の毛を抜かない派の意見は、

・耳の毛が生えている事が自然。

・抜かずに耳から出ている毛を切る。

などが挙げられます。

果たして抜かない方がいいのでしょうか?

耳の中が悪くなる理由

シャンプーの時に耳に水が入る

犬の気持ちの考えでは、耳の毛がある、ない、で耳の中の環境が悪くなるとは考えてません。

内耳炎や外耳炎の原因の大半は、トリミングサロンや自宅でのシャンプーやお風呂が原因だと考えてます。

トリミングサロンやお家でシャンプーする時に、犬の耳を水が入らないように塞いでしてますか?

または、耳栓をしてますか?

耳を塞がずにシャンプーすると、ドバドバと耳にシャンプー液やお湯が入ってきます。

耳の毛は入ってきたシャンプー液やお湯を外に出しにくくするのと、通気性を悪くして蒸れる状態になります。

この状態を放っておく事で、犬は耳に違和感を感じてカキカキして、外耳炎になったり、シャンプー液が雑菌のエサとなり耳の中で繁殖して、内耳炎になったりします。

ここで気づく人は、

やっぱり耳の毛いらないじゃん。ってなりますよね。

よーく考えてみてください。

耳の毛が原因ではなく、シャンプーやお風呂に入る時に耳に水が入る事が問題なんです!

耳毛を抜く

実は、

耳の中の環境が悪くなる原因の1つが、

耳毛を抜く事でもあります。

なぜか?

耳の中には多少なりと雑菌はいます。

皮膚によって雑菌が繁殖しないようになってます。

が、しかし、

耳毛を抜く事で、抜いた毛穴から雑菌が入ったり、抜く時に皮膚を傷つけたりして、そこに雑菌が繁殖したりします。

こうなると、

初めは痒みや違和感を感じてカキカキするようになり、

それが癖になったり、外耳を爪で傷つけてより悪化させることになります。

やっぱり、耳の毛は抜かない方がいいのかなってなりますよね。

犬の気持ちおすすめ耳栓。

耳毛を抜く必要がある場合

耳毛が剛毛

犬種によって、耳の毛の生え具合が違います。

耳の毛がない、少ない犬種は

・ダックスフンド

・チワワ

•ポメラニアン

などの犬種は耳毛がほとんどないので、

抜く必要はありませんが、脂や雑菌の死骸で耳の中が汚れるので、皮膚を傷つけないように拭く必要はあります。

耳の毛が剛毛な犬種は

・シュナウザー

・プードル(個体差あり)

・シーズ

などの犬種になります。

個体差はありますが、テリア犬種は耳毛が剛毛なので、通気性を良くするために、毛を間引く必要があります。

抜くと言うよりも、切る。

が、犬にとっても負担が少なく済みますね。

おすすめ耳の毛カットシザーはこちら

鼻毛だけじゃない耳毛シザー。

安全耳毛シザー。

抜く、抜かないではなく犬の耳毛に合わせる

結論として

犬種によって、耳の毛の生え具合は異なり、

生活環境によっても耳の毛の処理の仕方は変わってきます。

良かれと思って、耳の毛を抜くと逆に悪くしてしまうこともあるし、知識や技術が足りず耳の中にシャンプー液やお湯を入れてしまう事も。

耳の中の環境が悪くなってしまったら、獣医師の診断と指示により、正しく治療する事をおすすめします。

毛は必要だから生えている。

犬の耳の毛には、耳の中を守ると言う役割があります。

虫が入るのを防いだり、雨や少しの水が入るのを防いだりと身体を守る防具なんです。

人が無闇に手を加える事で、守られるはずのものが守れなくなります。

愛犬の為に、正しい知識を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次のブログもお楽しみに。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる