MENU

パスツレラ症

動物由来感染症のお話。

動物由来感染症は動物から人に感染する病気の総称で動物は無症状で人だけが発症する病気など、病原体によってさまざまなです。

今回はパスツレラ属菌という、犬の約75%が口内常在菌として保菌している菌の危険性についてです。

犬と生活するためには動物由来感染症のお勉強もしていきましょう。

目次

病気の特徴(症状)

犬に噛まれた時に、噛まれた箇所の腫れや痛み、その後、急速に皮膚の炎症が深く広い範囲に拡大して蜂窩織炎になることもある。

稀に敗血症に進行する事もある。

局所症状が出るのが早いのが特徴で1時間以内に発症する。

気道から感染すると、風邪、気管支炎、肺炎、副鼻腔炎などの症状になる。

蜂窩織炎

皮膚とその下の組織に細菌が感染し、炎症が起こる病気です。 蜂巣炎(ほうそうえん)ともいいます。 皮膚の細菌感染症の中では、伝染性膿痂疹、丹毒などと並び比較的頻度の高い病気です。 はじめに患部の皮膚に赤み、腫れ、熱感、痛みが出現し、急速に広がります。

感染経路・感染状況

主に犬に噛まれて感染する事が多いけど、飛沫によって経気道感染する事も

予防

犬が嫌がる事や噛み癖のある犬には気付ける。犬との口移しやキス等はしないようにする。

可愛くて食べたくなる気持ちはわかりますが、スキンシップの仕方たくさんあるので濃厚接触しないように。

治療(感染した場合)

病院で診察を受ける。

ペニシリン系、セファロスポリン系などパスツレラ属菌に有効な抗菌薬を投与する。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる