MENU

狂犬病

動物由来感染症のお話。

動物由来感染症は動物から人に感染する病気の総称で動物は無症状で人だけが発症する病気など、病原体によってさまざまなです。

今回は日本でも狂犬病に感染した犬にかまれて多くの国民が命を落とした動物由来感染症についてです。1957年を最後に犬対策(野良犬の捕獲、ワクチン接種)により人と動物ともに国内感染はない。

犬と生活するためには動物由来感染症のお勉強もしていきましょう。

目次

病気の特徴 (症状)

通常1〜3ヶ月の潜伏期間の後に発症して、初期症状は風に似た症状で、咬まれた部位に知覚異常がみられる。

・不安感

・恐水症

・興奮

・麻痺

・錯乱

などの神経症状が現れ、数日後には呼吸麻痺で死亡する。

発症すると、ほぼ100%で死亡する。

感染経路・感染状況

狂犬病を発症した犬にかまれるなど、唾液中のウイルスご体内に侵入して感染する。世界のほとんどの地域で発生しており、死者は年間約6万人といわれている。特にアジアとアフリカでの発生が多い。

犬以外の動物では猫、アライグマ、キツネ、スカンク、コウモリ等。

予防

海外ではむやみに動物に近づかない。特に犬には注意。

海外で狂犬病のおそれのある犬等にかまれたら、すぐに傷口を石鹸と綺麗な水で洗い、速やかに医療機関で傷の処置と治療、狂犬病ワクチンの接種をうける。

狂犬病の流行酷で犬人接する機会がある場合や長期滞在する場合は渡航前にワクチン接種をしておく。

治療 (感染した場合)

狂犬病は一旦発症すれば効果的な治療法はなく、ほぼ100%の方が亡くなります。感染動物に咬まれるなど感染した疑いがある場合には、その直後から連続したワクチンを接種(暴露後ワクチン接種)をすることで発症を抑えることができます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる